理想的なフェイスラインを目指すなら顎プロテーゼ

フェイスラインが整っているとそれだけで美しい顔と言えます。
しかし、ひとつでもバランスが悪いだけで理想的なフェイスラインとは言えません。
特に顎のバランスは重要です。
日本人と言えば平面的な顔が特徴的で、引っ込んでいることが多いです。
理想とされるフェイスラインはエステティックラインと呼ばれています。
このラインを目指すのなら、引っ込んでいる個所を出さなくてはいけません。
その方法のひとつが顎プロテーゼという美容整形法です。
美容外科クリニックで治療を受けられ、理想的なフェイスラインを手に入れることが出来ます。
具体的な方法はシリコンプロテーゼを利用して、出していきます。
顔にメスを入れるので、目立ってしまうのではないかという心配を抱えてしまう方もいますが、一般的には下唇の裏側にメスを入れます。
口の中からの手術なので、術後の傷が目立つという事もなく、周囲の人に気づかれにくい方法です。
ダウンタイムは1週間から2週間程度となり、それが過ぎれば元のようになります。
寿命もほとんど気にする事はありませんが、石灰化だけは注意しておくことにより、理想的な顎のラインを維持する事が可能です。
安心して手術を受けるには専門サイトなどを活用して、経験豊かな医師を見つける事から始めてみましょう。