水素水の保存容器に最適なものは?

最近は水素水を健康のために取り入れている人も多く、その種類は多岐にわたります。
もちろんペットボトルやプラスティックの入れ物を使うこともできますが、実はそれでは水素水の水素が逃げてしまうのです。
この場合はいくつかのポイントがあります。
ひとつは、酸素が入らないようにすることですね。
水素についてはなるだけ気体に触れないようにすることが長く水素を留まらせるためのコツとなっています。
もう一つは、完全に密封してしまうことでしょう。
というのも、実はペットボトルは通気性がわずかながらあり、そこから水素が逃げてしまうということがあるからです。
そこでいくつかの容器を調べた結果、いくつかの特徴がある容器がいいということになりました。
ひとつは、膨らんだりへこませたりすることが出来るというものです。
このため、可塑性がありある程度柔らかい素材であることが好ましいのですね。
また、保存できるということもポイントです。
この場合は水素が逃げないということはもちろん、保存容器として役立つということも大事なポイントです。
オススメなのはアルミパウチの容器です。
スポーツドリンクがこのような容器になっているもので、飲みくちもあるので出し入れしやすいのもポイントですね。
水素水保存容器についての考察、実験 | 水素水を比較|実際に購入して含有量を測定