家庭菜園の大敵である害獣と害虫。

家庭菜園を趣味で行う方々がいらっしゃいますが、近年では人里まで野生動物が降りてくる事件が相次いでおり、サルやハクビシン、イノシシ、アライグマ、タヌキ、コウモリ等による深刻な農作物被害が報告されています。
見る分には可愛い動物達ですが、野生の種は基本的に不衛生な環境で暮らしています。
サルやハクビシン、アライグマ等に荒らされた作物は、雑菌や病原菌の関係から、出荷する事は出来ません。
食べる事さえ出来なくなりますので、精魂込めて家庭菜園を始めた方にとって、野生の害獣は憎むべき大敵となります。
また最近では温暖化の影響を受けまして、今まではゴキブリやスズメバチ等が生息していなかった地方にも、害虫が大量発生しつつあります。
害獣同様に野菜作りを楽しむ人々にとっては天敵ですので、獣と虫問わず、気になるリスクを発見した際は、すぐに害虫駆除業者に相談しましょう。
過去に地元の業者に相談したものの法外な値段の見積もりをしたが、納得行く結果が得られなかった方々もいるかもしれません。
そういった方々は代替案としてネット上にあります見積もりサイトを利用し、セカンドオピニオン的に別の業者の値段も調べましょう。
害獣・害虫駆除は特殊な仕事ですので、一定の費用が掛かります。
しかし、素人目にもちょっと高すぎるのでは、という金額を提示する地方の業者がいるのも実情です。
見積もりサイトを使い、複数の業者の費用を知れば、妥当な水準が分かり、比較検討が楽になります。
http://xn--vckya7nz33nkw5b89tgnf.com/