ファクタリングの会計処理はどうなるのか

ファクタリングで売掛金を早期入金はできますが、その場合はどんな会計処理をすればいいのかわからない部分があります。
実際の売掛金の会社とは違う会社からの入金となりますので、普通の売掛け金処理ではないと思います。
通常ですと売掛金が入金になった時に処理をするのですが、ファクタリング会社が債権を肩代わりしてくれますので、債権譲渡日に仕分けを計上する必要はありませんが、できれば債権譲渡日に売掛金の消滅を行った方がいいです。
通常入金とは違い、厳密には未収入金として振替処理をしたほうがいいと思います。
例として未収入金が100万円あって売掛金も100万円ある場合、ファクタリング会社より入金があった場合に、当初の譲渡時には100万円の未収入金と100万円の売掛金で仕分けをしておいて、料金が回収されて時に、未収入金として5万円として債権売却損を5万円として、現金預金位は95万円で未収入金とし、95万円を計上することになります。
このように、通常と会計処理は若干複雑になりますが、それでも売掛金の早期入金ができますのでメリットは非常に大きいと思います。
詳しく説明されている資金調達術に関するサイトがありますので、勉強してみる事をおすすめします。
ファクタリングで売掛金を事業資金にする方法|資金調達術ガイド