ビットコインはどのようなものなのか

ビットコインという言葉がここ数年メディアでも取り上げられていますので耳にされたことがある方も多いと思います。
しかし、それがどのようなものなのかをしっかりと理解している方はそのうちの何割くらいでしょうか。
おそらくとても少ないと思います。
それは考え方が我々が通常使っているお金と少し異なっているからです。
その相違点とは「管理する組織が存在しない」ということです。
通貨というものはそれ自体は金属や紙なので価値はありません。
しかし、それを発行している国がその価値を保証することにより利用者全員が共通認識をもって流通させることができているのです。
つまり国を信用することによって成り立っていると言えます。
では管理する国や組織を持たないビットコインの信用は誰が担保するのでしょうか。
結論から言いますと誰も担保していません。
しかし、このネットワークを作り上げた人たちの技術の高さや実績がその役割を担っているといえます。
ただ、その特異性や手軽さが大いに市場に受け入れられて広い分野で利用されている状況となっています。
中間で管理する組織がないという特徴から、各種手数料が低く設定することが可能であるというところがこの勢いを後押ししています。
いずれにせよ今後も、ビットコインの動向から目が離せません。