屋根の塗装工事は塗料選びも重要です

外壁に塗ってある塗料の状態を普段から気にするという人は少ないでしょう。
まして屋根は危険ですから自分で上がる事はあったとしても数年に一度でしょうし、状態がどうなっているか分からないという方がほとんどです。
しかし、住宅を守るという点で大きな役割を果たしていますから、定期的なメンテナンスは欠かせません。
常に太陽からの紫外線にさらされ、台風の時は強風に耐えているのです。
10年に一度は塗装工事を行なうと、住宅全体の寿命を延ばすことに直接つながりますから、メンテナンスは大切といえます。
屋根の寿命を延ばし住宅を守る塗料にはいくつかの種類があります。
築年数の長い住宅であれば、アクリル系塗料やウレタン系塗料を使用していることが多いです。
20年ほど前まではアクリル系塗料が住宅建材に多く使用されていました。
色がきれいに出て見栄えが良く、光の反射具合もきれいで単価は安いと、当時はいい事ずくめだったのです。
ですが経年変化によりひび割れが早いということが分かり、現在はほとんど使用しません。
少々単価は高くなりますが、耐久性が高いシリコン系塗料を使うケースが多くなっています。
紫外線への耐久性が高いので、屋根の塗装工事に向いている材料です。